<< ストーリーを映像化する | main | ホームページの場合の購買心理モデル。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

マーケティングの基本である購買心理モデル。

お客様の購買心理のプロセスをモデル化したもので、

AIDMA(アイドマ)の法則というものがある。

*****************************

A(Attention):ハッとする、目につく=キャッチ

 ↓

I(Interest):興味を引く、関心を持つ、気になる

 ↓

D(Desire):欲しい、切望する、いいなぁ、〜したい

 ↓

M(Memory):記憶に残る、頭の片隅に残っている、口ずさむ

 ↓

A(Action):買う!行く!行動する!!

*****************************

チラシ、資料、ホームページなど、お客様に何かを表現して、

購入して頂こうとする場合、どのような感情の動きがあるのか、

またお客様に買う!という行動をして頂くためには、どのような

プロセスで誘導していけば良いのか?ということを考える上でも

重要なモデルである。


お客様のところでも、よくチラシを作ったり、DMを作ったり、

資料を作ったり・・・という光景を見かけるのだが、その制作物が

AIDMAのどの段階のものなのか?ということが不明確なものが

多い。


お客様が買うという行動をとるまでの心理状況のストーリを想定し、

そのストーリーを具現化するために、重要なモデルである。


ホームページの場合は、少し行動心理が変化すると言われているが、

これはまた後日。


株式会社アートクロジー
代表取締役 池邉 孝

ホームページはこちら
※現在制作中。近日公開予定。

お問い合わせ
info@art964.com


JUGEMテーマ:経営




スポンサーサイト


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • 15:47
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

profile
links
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
▶sponsored links