<< マーケティングの基本である購買心理モデル。 | main | 新しいビジネスモデルの事業がスタートする。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ホームページの場合の購買心理モデル。

ホームページを活用した事業モデルの場合、お客様の購買心理モデルは、

少し異なってくると言われている。


購買心理モデルがAIDMA(アイドマ)と言われていたのに対して、

ホームページの場合はAISAS(アイサス)と言われている。

********************************

A(Attention):ハッとする、目につく=キャッチ

 ↓

I(Interest):興味を引く、関心を持つ、気になる

 ↓ ※ここまでは、リアルな購買心理と変わらない。

S(Search):価格や評判などを検索する

 ↓

A(Action):買う!行く!行動する!!

 ↓

S(Share):レビューやブログに感想を書く、クチコミを行う

********************************

リアルな購買心理、購買行動などと異なるのは、必ず2つのSが入る。

Search(検索)とShare(共有)である。


ご自身が何か町で見たモノ、テレビで見たコトなどで気になったものは

何か興味持ったものに対して、インターネットで検索をしてみるだろう。


検索する場合は、価格の高い低いという情報、評判の善し悪しなどの

ユーザー評価などを検索して、買うか買わないか意思決定するだろう。


そして、商品等を買った後に、その商品がどうだったかなどの評価を

掲載することもあるだろう。


まさしく、そのような購買心理や購買行動がどのような人の中でも

起こっているのである。


元々は、イーコマース(通販)という事業の場合として作られたモデル

であるが、最近ではどのような事業でも成長するために、ホームページ

(+システム)を有効活用するということは不可欠になりつつある。


ということは、どの事業であってもこのAISASというモデルを

頭に入れながら、営業や販促などの組み立てを行う必要があるのだ。


※「AISAS」は、株式会社電通の登録商標である。



株式会社アートクロジー
代表取締役 池邉 孝

ホームページはこちら
※現在制作中。近日公開予定。

お問い合わせ
info@art964.com

JUGEMテーマ:経営




スポンサーサイト


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • 21:51
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

profile
links
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
▶sponsored links