<< 中途半端であれば愚痴が出てくる・・・ | main | maneoさんのサイトを久しぶりに確認してみた。 >>

カッツモデル(マネジメントに求められる能力)




「マネージャーに求められる能力」をロバート・カッツ氏がまとめた

非常にわかりやすいモデルである。能力は大きく3つに分けられる。

.謄ニカルスキル
 業務遂行能力、つまり業務を遂行する上で必要な知識やスキルという能力。

▲劵紂璽泪鵐好ル
 対人関係能力、つまり人対人のコミュニケーションや葛藤処理などを行う能力。

コンセプチュアルスキル
 概念化能力、つまり周囲で起こっている事柄や状況を構造的、概念的に捉え、
 事柄や問題の本質を見極めていく能力。


経営層(トップマネジメント)に近づくほど、のコンセプチュアルスキルが

求められ、監督者(ローワーマネジメント)であるほど,離謄ニカルスキル

(業務遂行能力)が求められるというものである。


しかし、このモデルはマネジメントする側だけに求められるものではなく、

本来はどの階層でも仕事をしている人間にとって必要な能力を表している

わかりやすいモデルである。


一般社員は、ローワーマネジメントの下に位置するので、業務遂行というものを

マネジメントするというよりも、自分自身をセルフマネジメントをして、業務

遂行能力を高めるということが求められるであろう。


また、どの階層においても、重要な能力がヒューマンスキルである。


新入社員に求められるものは、業務遂行能力と対人関係能力。

中間管理職に求められるものが、対人関係能力をベースとして、業務遂行能力と

概念化能力の両方であって、中間管理職の中でも上位になればなるほど、概念化

能力が求められるのである。


また、ただ単にこのモデルを知っているだけでは意味がない。


このモデルをベースとした人材育成プランと人材を管理・評価する仕組みが必要

である。


特に、中小企業ではこのような概念をもとにした人材育成プランが希薄な企業が

多いのではないだろうか。


感覚で育てる、背中を見て覚えろなどという感覚的なものは、ある程度社会的な

ベースが揃っている時期では有効かもしれないが、価値観の多様化、個人主義の

台頭など諸々の社会通念が変化している中では、昔ながらの育成では難しい。


しかし、人材を育てていかなければ会社も事業も先細りしていくことは見えている。


最も大変だけれども重要なことは、企業の中の人的パワーを最大限に発揮させる

ことができるように、会社として人材を育成するプランと評価する仕組みを

しっかりと構築して、人材という宝を育てていくことである。


そして、宝が他に流出させないようにするためには、会社と仕事と経営者の魅力を

磨いていく必要があるが。。。


個人はかけがえのない個人になろうと努力し、会社はかけがえのない個人を作らない

ように仕組みを作っていく。


このせめぎ合いで個と組織の両方が成長していくのではないだろうか。



株式会社アートクロジー
代表取締役 池邉 孝

ホームページはこちら
※現在制作中。近日公開予定。

お問い合わせ
info@art964.com







profile
links
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM