<< 法人営業で大切なこと(5) | main | そもそも論が欠如している。。。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

メンタルケアの必要性

職場での自分自身の会話や他の人の会話の内容を見てみよう。


最近では、個人主義なども広がり、社内で行われる会話が仕事のみと

なっている場合が多いのではないか。。。


人は、1日24時間という同じ基軸で動いているので、この「24時間の

有効活用」と「24時間どれだけ幸せでいられるか」ということが、

その人にとって幸せな日々を過ごせているかということになるだろう。


ある人は、「うつ病というのは、幸せを感じることができなくなった時に

起こる病気の一つだ」という。


日々幸せを感じるための要素として、仕事・家庭(趣味や遊び)・食事・

睡眠と大別するとしたら、これらの要素で幸せかどうかを見ておかないと

いけないだろう。


うつ病の人は、ある時急に体に変調を来たして、病院へ行ってみて

初めてうつ病であることを知るという人が多いようだ。


常に、自分自身の心と体のセルフチェックが必要ではないだろうか。


そして、企業としては、大事な社員がうつ病で戦力外となること、

最悪のケースとして自殺、そして数億円にもなる可能性のある賠償金と、

戦力を失って、更に賠償までという大きなリスクが存在する。


また、パワフルで強いと思われている人ほど、セルフチェックができて

おらず、急にうつ病になるケースも多いようである。


企業としては、この重要な戦力である人材を失うことなく、可能な限り

生産性を高めて、最大限のパワーを発揮してもらうためにも、マネジ

メントがしっかりと機能しなければならない。


個々人の感情や行動は、仕事・家庭(趣味・遊び)・食事・睡眠という

要素の中で、どの要素が、何が起因して、幸せな状態にあるのか、

不幸せな状態にあるのかということをマネジメントする立場の人は、

しっかりと見て、ハイタッチなコミュニケーションをとりながら、

マネジメントを行わなければならない。

昔の中小企業では、それがうまく機能していたのではないだろうか。

家族的=ハイタッチなコミュニケーションで、パーソナルな側面と

オフィシャルな側面の両面をマネジメントできていたのだろう。

また、家庭でも親がしっかりと教育できていたのだと思う。

今は、子供の頃に勉強はしたが「人」としての基本的なことは

作られないまま社会に出てきて、本人が悩んでしまうような世の中。

会社では、よりハイタッチなコミュニケーションが求められている。


個人にとって、仕事がうまく進み、大きな成果が出たことでは解消する

ことができないような大きな原因を他の要素に持っていることもあるのだ。


帰りたくない…帰宅拒否症は働き盛りの「軽症うつ病」
2008/12/8 16:59

http://netallica.yahoo.co.jp/news/57907

 家に帰りたくない…。正確には“本当は帰りたくても帰れない”のが特徴だ。とくに40−50代の働き盛りに現れやすい「軽症うつ病」の一種。放置したままだと本物のうつ病になる恐れも。帰宅途中に寄り道せずにはいられない人、だったらチェックしてみよう。

 軽症うつ病は、抑うつ気分、意欲低下、不眠や食欲不振といった症状が本物のうつ病に比べて軽度のため、不調を訴えてもあまり仕事や生活面には大きな支障をきたさない。ただ、その兆候がさまざまな形で現れることがある。帰宅拒否症もそのひとつだ。

 「最初は、必要もないのに会社に居残ることから始まる。退社してもまっすぐ帰宅せず、飲み屋やネットカフェなどで時間をつぶし、家族が寝静まったころ、こっそり帰宅。さらに進むと、カプセルホテルや個室ビデオなどに泊まって、そのまま出社することを繰り返す」と典型的なパターンを話すのは、初台関谷クリニック(東京・渋谷)の関谷透院長。

 その発症には、仕事がうまくいっていない、出世が止まっている、同僚や後輩が上司になっているなど、さまざまな職場のストレスが大きく関係している。が、見逃せないのは家族との関係。

 「罹りやすいのは、これといった趣味をもたず、生真面目な仕事一筋タイプ。仕事や付き合いに追われ、それまで家庭を顧みなかった人が、いざ家庭に安らぎを求めても自分の居場所がない。妻からは給料や出世のことで小言をいわれ、子供には無視される。家族と顔を合わせること自体が苦になってしまう」

 治療では家族へのカウンセリングも重要。「基本的には抗うつ薬の服用だが、家庭から離れた方がいい場合にはナイトホスピタルを利用してもらう場合もある」

 ナイトホスピタルは入院施設から会社に通う保険の利く医療システム。玄関先で一度立ち止まり、タメ息つきながら家に入るようなら要注意だ。

【「帰宅拒否症」チェックリスト】

 (1)仕事だけが生きがいだ

 (2)仕事がうまくいっていない

 (3)生真面目で要領が悪い

 (4)小心なため、もめごとが嫌い

 (5)特定なことに恐怖心を持ちやすい

 (6)趣味もなく、スポーツもしない

 (7)出世が止まり、給料があがらない

 (8)妻が出世や収入についてうるさい

 (9)妻は出勤時に見送らない

 (10)妻や家族との会話が乏しい

 (11)妻が健康管理にうるさい

 (12)子供に受験生がいる

 (13)子供に勉強を教えるように強いられる

 (14)子供にバカにされている

 (15)家では居場所がなく、気が休まらない

 (16)家庭の中で無視されている

 (17)社宅住まいである

 (18)なにかと近所と比較される

 (19)いつも小遣いに困っている

 (20)財布のヒモは妻が握っている

 「10項目以上当てはまる場合は要注意」

 *初台関谷クリニック・関谷透院長作成

 
株式会社アートクロジー
代表取締役 池邉 孝

ホームページはこちら
※現在制作中。近日公開予定。

お問い合わせ
info@art964.com





スポンサーサイト


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • 14:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

profile
links
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
▶sponsored links