<< 「がんばれ!」と「がんばったね。」 | main | 「データ」と「情報」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トヨタのけじめ

トヨタが下期赤字を受けて、役員賞与を0にするそうです。

今までは、10%カット、30%カット、50%カットと中途半端な企業が

多く、他に人員削減など大幅に手をつけるにも関わらず、役員賞与などの

経営者の責任に対する処置は甘い企業が多かったように思います。


アメリカのビッグ3に対する国の資金投入に対する反対派も経営陣の責任と

意識に起因する言動について言及していましたよね。


おそらく、役員賞与というのは全体コストからすると大したことはない割合

だと思いますが、数字だけではない影響力が大きいと思われます。


また、社員の方々と一致団結して、この不況下を乗り切って、世界のトヨタを

復活させてほしいと願ってます。。。




<トヨタ>役員賞与ゼロ 今年度、10億円コスト削減

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081214-00000009-mai-bus_all

12月14日2時42分配信 毎日新聞

 トヨタ自動車が08年度の役員賞与(ボーナス)をゼロにする方針であることが13日、分かった。下期(08年10月〜09年3月)の連結営業損益が赤字に転落する公算が大きくなるなど、世界的な金融危機で業績が悪化しているため、経営責任を明確にするとともに「聖域なきコスト削減」の姿勢を内外に示す。削減額は約10億円。

 トヨタの09年3月期(08年度)連結業績は9期ぶりの減収減益になる見通し。11月の中間決算発表時に通期の営業利益を前期比73.6%減の6000億円、最終(当期)利益を同68%減の5500億円に下方修正した。しかし、その後も販売が落ち込み、外国為替相場も中間決算時に想定した1ドル=100円を大幅に上回る円高水準で推移し、下期は1000億円規模の連結営業赤字、通期でも前期比8割程度の大幅減益は避けられない見通し。幹部は「もうけがほとんどないなら、もらえない」と話しており、来年6月の株主総会では役員賞与の支払い提案を見送る方針で、役員報酬の減額も検討している。【鈴木泰広、中井正裕】


株式会社アートクロジー
代表取締役 池邉 孝

ホームページはこちら
※現在制作中。近日公開予定。

お問い合わせ
info@art964.com





スポンサーサイト


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • 10:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

profile
links
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
▶sponsored links