<< 今年のブログは、形を変えてみよう! | main | 目線の違いを合わせる >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

成長と自己認識


成長しろ、給与を下げるぞ、考えて行動しろ・・・

経営者はいろいろな言葉と施策で、従業員の成長を促すものだ。

それは、会社は個々人の力によって作られ、会社の成長は

個々人の成長無くしては生まれないということを知っているから

だと思われる。


しかし、個人が本当に変わりたい、何とかもっと成果を出せる

ようになりたいと思っていたとしても、一歩が踏み出せない、

なかなか行動が変えられないという人は多くいる。


なぜ、変えたいのに変えられないのか?


大きな原因は、自己認識がしっかりとできていないからだ。

もっとわかりやすく言うと、自分をわかっていないのだ。


成長をするためには、良い状態の自分、悪い状態の自分の

両方を否定することなく受け入れて、自分自身を理解すると

いうことが必要になる。


それができて、初めて何を変えたらよいか、何がポイントに

なっているのかということがわかるようになるのだ。


経営者や上司から、常に変われと言われる人は、誤解されて

いると言う前に、周りからそのように見えているという現実を

受け入れて、自分を見つめ直さなければならない。


自分自身を受け入れられない人は成長できないのである。


育てるということを前提に考えた場合は、マネジメントが

そのことを気付かせるアプローチをしなければならない。


変われと言い続けているが全く変わらないということで、

放置をし続けるのは、マネジメント放棄に等しい。


個人は、成長しようと本当に思っているのか?

会社は、本気で育てようとしているのか?


この前提を確認してからでないと、人材育成の軸は生まれて

こない。


また、当社にとって、「人」というリソースに対する考え方は

どのようなものなのか?という大前提を明確にすることが、

どんな小さな組織であっても、組織力を発揮しようと思うならば

重要なテーマである。


この軸となる考え方しだいで、採用、育成、評価、給与、昇進昇格

などすべての人に対するオペレーションの軸が決まってくるのだ。


もし、育てることを前提にした考え方であれば、従業員の一人一人が

自分自身をどのように認識しているのかという「自己認識」を捉えて

いかなければ効果的な育成方法は見つからない。

⇒従業員の成長が進まない。

⇒結果として求める成果は出にくい。

⇒会社の業績が思うように伸びない。

という状況になってしまうのである。


2009年の予想される不景気な状態だからこそ、まず大前提から

見つめ直して、組織を強くしていかなければならないのである。


株式会社アートクロジー
代表取締役 池邉 孝

ホームページはこちら

お問い合わせ
info@art964.com





スポンサーサイト


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • 18:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

profile
links
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
▶sponsored links