<< 優良企業の日本電産でも給与カット | main | 仕組みに頼るべからず >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

不況下の人材育成


100年に1度と言われる世界的不景気の状況で、企業における人材育成の

スピードも大幅に変わってくることが予測される。


経済が高い状態で安定していて、企業に余裕がある時の人材育成は、

ある意味「育てば良いなぁ」という楽観的な考えがベースとなっている

ような気がする。


そのため、人材育成として行われていることは、研修やセミナーに

参加して、後々身についてくればいいだろうという感覚になってないだろうか。


しかし、今のような不景気下では、売上や利益が大きく減少していく中で、

そのような悠長なことは言っていられない。即戦力化しなければ、企業に

とっては大きな負担となるので、少しでも早く育てなければ・・・という

危機感に満ちた中での人材育成になり、目的も育成方法も大きく変わって

くるはずである。


できるだけ早く戦力化していくためには、大きく分けて3つが必要である。

仝従把握

 当社には、どのような個人が存在しているのか。

 まず、しなければならないことは、どのような人材が社員として存在して

 いるのか?という現状把握である。


希望する姿の明確化

 企業は、社員の成長によって、成長していくものである。
 
 当社において、社員にはどのように成長してもらいたいかという思いを

 明確に規定し、会社としての姿勢を明確にしなければならない。

 そして、その希望する姿に対して一人一人が同意、共感した状態にする

 ことが前提として必要である。


0貎涌貎優リジナルの成長計画を具体化
 
 一人一人個別で対応するのは大変だという思いが先に来るかもしれない。

 しかし、本当は大変なものではない。

 なぜなら、そのためにマネジメントがいるから。

 特にこういう状況下では、人材育成はOJTで日常的に行わなければ

 目に見える成果は出てこない。

 
マネジメントの立場にある人材がしっかりとコミュニケーションをとり、

一人一人を成長させなければならない時代である。


社員を成長させられるかどうかは、マネジメントにかかっているのだ。


マネジメントは、部下が失敗することを前提に、力量より上の仕事を

任せる勇気を持つ必要がある。

また、部下が失敗しても何らかの方法でリカバリーできる自信を持つ

必要がある。


この両面があって、初めて部下を育てる環境になるのである。


株式会社アートクロジー
代表取締役 池邉 孝

ホームページはこちら

お問い合わせ
info@art964.com





スポンサーサイト


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • 14:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

profile
links
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
▶sponsored links