<< リスクヘッジ | main | 自動車業界の雇用動向 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

営業代行サービスを使うか使わないか・・・


いろいろな営業代行会社が存在する。

○営業機能を丸ごとアウトソーシングで受ける会社。

○営業マンを派遣する会社

○見込み顧客を作ることを代行する会社。(テレマーケティングなど)

その他にもいろいろある。

しかし、一つ気をつけなければならないことがある。


「後々、当社にとって何の財産が残るのか?」ということである。


人を育てれば、人財という財産が残る。

育つまでに時間がかかるかもしれないが。。。



アウトソーシングすれば、低コストで永遠に続かない顧客が

もしかしたら残るかもしれない。


どちらを選ぶか?


企業の考え方ではあるが、顧客は永遠ではない。

永遠ではない顧客に対して、どのように取り組むのかという

姿勢である。


また、いつまでも社長がセールスマンでいると、他の社員は

社長を超えることはできない。


そして、いつまでも社長が技術者でいると、営業が育たないか

育てられない状況に陥ってしまう。


社長は、営業マンである前に経営者でなければならない。

経営者が交渉の場に1から関わるということは、常に会社として

経営者として意思決定を求められるような状況になってしまう。


会社は、製品を持って事業を構築するというよりも、僕の考えは

マーケットを持って事業を構築するという方が正しいと思っている。


良い製品を作っても、マーケットに展開できなければ意味がない。

マーケットを握っていれば、商品・サービスを探すことができる。


しかし、すべての軸は会社のビジョン・ミッションにある。


いつもその軸に照らし合わせながら考えていく必要がある。

営業力をどのように強化するかというテーマも、実はビジョン・

ミッション次第である。


株式会社アートクロジー
代表取締役 池邉 孝

ホームページはこちら

お問い合わせ
info@art964.com

JUGEMテーマ:経営




スポンサーサイト


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • 23:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

profile
links
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
▶sponsored links