<< 北朝鮮の衛星が打ち上げられた。 | main | 子供の教育について・・・ >>

コスト削減について

コスト削減の基本的な考え方として、直接的削減と間接的削減があります。


直接的削減とは・・・

基本的に決算書の一般・販売管理費をいかに下げるかということです。

人件費、広告費、通信費、地代家賃、光熱費、消耗品費、会議費、接待費・・・

これらを細かくチェックをして、単価の削減、利用料の削減というのは、

よく行われていることだと思います。

基本的には、必要最低限のコストで運営できるようにしていこう!という

場合に行われるものです。

そして交渉や現在と同等のサービス内容・モノの単価を下げることによって

ランニングでかかってくる固定費を削減していこうというものです。

これらについては、コスト削減のプロと言われるような人が、社内の無駄を

見つけて単価を下げていくというサービスも多く存在します。


間接的削減とは・・・

一番大きいものは、生産性に直結するものです。

人件費という見方ではなく、人件費の領域が生み出す価値、広告費の領域が

生み出す価値、通信費の領域が生み出す価値・・・

それぞれの価値を何に定めるかということが重要になります。

,修譴召譴隆定科目が具体的に何を指しているか。

△修龍饌療なものが生み出す価値は何か?

その価値を生み出すための代替案はないのか?

ず蚤腓硫礎佑箸靴謄ペレーションコストがどのように下がるのか?

ヂ腓な抜け穴は、人と人とのコミュニケーション、もしくは人の生産性。
 これがどのように上げられるのか?ということが大きなポイントです。

直接的なコスト削減には、限界があります。限界はありますが、やらないよりは

やった方が良いでしょうが、基本的にはネガティブな削減です。

しかし、間接的なコスト削減は、基本的には生産性の向上を目的としますので、

働いている人の負担が減ったり、新しい仕事ができる時間ができたりという

ポジティブな削減です。

難しい言葉では、BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)とか

業務改革とか言われる類のものです。但し、言葉は同じでも提供している会社

によって、かなりサービスの内容が違うので、要注意ですが。。。

また、ITを企業に導入することで生産性は上がるというイメージが先行して

とにかくIT化を図るということを行う会社もありますが、基本的にはITは

道具ですので、使い方が合っていれば生産性は飛躍的に上がりますし、使い方を

間違っていれば生産性は大きく下がってしまいますので、要注意です。


企業にとって、本当に重要なものはポジティブなコスト削減です。

 
なぜポジティブな間接的なコスト削減が良いのか?

最終的に、企業にとって必要なものは売上でも、粗利益でもありません。

営業利益と経常利益です。

最終的な利益を生み出していかなければ、企業は存続していけないのです。


直接的な削減は、固定費というお金の削減だけであって、下手をすると

売上や利益までも削減してしまう可能性があり、生み出す価値や生産性を

下げてしまう可能性があります。


間接的な削減は、利益を最大限に生み出すため、そして生産性を向上させる

ための「投資」という発想です。その投資によって生み出される価値がどれ

だけのものになるのか、どれだけのメリットを生むのかということをしっかり

見ておかなければなりません。


企業の生産性は、大きくは投下された費用に対して、どれだけの売上・利益を

生み出せたかという指標で見ることが多いのですが、大枠としては同じですが

業種や企業ごとに生産性の判断基準は異なります。


特に、最も大きくぶれるのが人による生産性の部分です。

そこには、個人の心理的な問題や人対人のコミュニケーションの問題、そして

スキル・テクニック的な問題など、あらゆる人の問題が介在してきますが、

人と組織という部分での生産性を上げていくためにも、オペレーションコストを

いかに下げるかということが、間接的な削減の醍醐味です。


自社の生産性について考えてみましょう!

そして、自社の生産性の指標を決めましょう!

その指標に対する結果の分析と対応策を検討して、実行しましょう!


これが、間接的なコスト削減であり、企業が継続的に価値を生み出すための

コスト削減です。


マネジメント改革こそが、ポジティブなコスト削減です。


株式会社アートクロジー
代表取締役 池邉 孝

ホームページはこちら

お問い合わせ
info@art964.com

JUGEMテーマ:経営




profile
links
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM