<< アイデアを形にする | main | アイデアを形にする >>

アイデアを形にする

前回の続き。

△發景くじで1億円が当たったら何をしたいですか?

すごく子供じみた質問だな。。。

そう思われる人もいるでしょう。

でも、判定試薬的な質問としては結構意味があるんです。

この質問をした時にどのような反応をされるでしょうか?


・宝くじは当たらないから買わないんですよ〜。

・1億円なんて当たるわけないじゃないですか〜。

・半分は貯金して、半分はパ〜ッと遊びに使います。

・住宅ローンがあるから、それを返済して・・・

・世界一周の旅行をしたいですね。

・3,000万円は会社の新しい事業に投資をします。
 人材が何人必要だから・・・、システムが・・・


答えは、人それぞれ千差万別で何が良い悪いということはありません。


ただ、仮説に対するスタンスは、基本的に変わらないので、

仮説の角度が高い・低いを自分の経験則だけで判断をする人なのか、

そもそも仮説に乗らない現実主義なのか、

何に対しても具体的にポジティブに考えてみる人なのか、

その人のスタンスというものは見えてきます。

仕事と夢物語は違うという人もいますが、

本来、仕事も夢の実現であって、その夢を仮説として持てる人か

持てない人かどうかということで、その人の進むスピードと

到達ポイントは大きく変わってきます。

また、仕事の向き不向きも見えてきたりします。

アイデアを形にするような新規事業の場合は、0を1にするという

動き方が特に重要になってきますので、

仮説を持ち、行動できる、行動した結果を検証し、修正しながら

形にしていく。

0から1というよりも、(1)を1にするという仕事でしょうか。

アイデアを形にするには、最後は行動力が大きな要因になるので、

行動力を規定するその人のスタンスというものは重要なのです。

いろいろな雑談の中から、関わる人のスタンスを捉えること、

そして行動力に落とし込んでいくこと
が、

マネジメントする人の重要な仕事なのです。


株式会社アートクロジー 代表取締役 池 邉  孝
ホームページはこちら。
お問い合わせはinfo@art964.com









profile
links
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM