<< 組織強化の土台作り 〜ビジョンの重要性〜 | main | メンター(mentor)とは。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

外部としての役割

株式会社アートクロジーのお手伝いをしているある会社の副社長と
打ち合わせをしました。

いま携わっているのは、その会社にとっての新規事業の立ち上げです。

この方によく言われる言葉。

「池邉さんは精神安定剤みたいな人ですね。顔を見るとホッとする」と(笑)

まぁ、確かにお坊さん見たいとか、仏様みたいとか、子供の頃は後光が
射しているいると霊能者のような人に言われたこともあります(笑)

しかし、そういうことではないのです。。。

私が常にどのようなスタンスで接しているからなのか・・・ということを
感覚ではなく、言葉にしてみたいと思います。

『私はお客様にとって、経営のプロでないといけません。』
 ですので、お客様が抱えている悩みなどに同調するのではなく共感的に
 理解した上で、冷静にプロとして自信を持って意見を述べます。

 本来、これは経営コンサルタントという仕事をしている人のほとんどが
 濁すところでもあります。

 なぜ濁すのか?

 それはコンサルタントという仕事の場合、リスクが伴うからです。
 このプロとしての発言が間違った時に、クレームになる・関係が切れる
 などというリスクを考えるとしっかりとした線引きを持っています。
 ですので、もう一歩踏み出せば良いのにということに踏み込みません。

 しかし、そんなリスクは考えても仕方がないですし、このリスクも
 すべて飲み込んだ上で踏み込まなければ、根本的な問題解決にならない
 ことがほとんどなのです。

 きちんと言わなければならないことは言葉にすることを心がけてます。

 ここに踏み込むか踏み込まないかで成果はまるで変わってきます。



『もやっとしているが、答えを持っている人が多いので、
 意思決定をするための材料や事例をお話して、意思決定を促進する。』

自分はこう考えているが、本当にこの考えでいいのか?

その答えが正解かどうかはやってみないとわからないことも多々あります。

しかし、信じてやってみるしかないのです。

その場合に、私が伝えることは、
いろいろな事例や考え方、信じてやった場合のリスクが大きいか小さいか、
そのリスクに対するヘッジをどのように考えて、作っていくかなどという
ことをお話しながら、
『自分を信じて意思決定して大丈夫ですよ』というメッセージです。

その時に大事なことは、何をもとに意思決定するかというとビジョンです。

ビジョンと照らし合わせて、やるべきかやるべきでないか。
ここだけです。すべての意思決定の軸は、ビジョンに基づいていないと
場当たり的で、短期的には成功したかに見えても、長期的には失敗だった
ということがよくあります。

後になって後悔しないようにビジョンに基づいて意思決定をしましょう。

経営者の方が、このような意思決定をストレスなくできるようになるには
この人も良いって言ってくれたし。。。というサポーターが必要です。
アートクロジーは、信頼のおける相談相手であり、信頼のおけるメンター
であり、信頼のおける良き友でありたい。これが外部の役割だと考えています。


株式会社アートクロジー
代表取締役 池邉 孝

ホームページはこちら
※現在制作中。近日公開予定。

お問い合わせ
info@art964.com
JUGEMテーマ:経営




スポンサーサイト


  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • 23:18
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

profile
links
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
なかのひと
selected entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
▶sponsored links